【Youtube】何も思いつかない時はどう考えればいい?バラエティー番組ディレクターが教える企画の考え方

スポンサーリンク
動画の作り方

 

最近では学生から社会人まで幅広い方がYoutuberが活動しており、Youtube活動をスタートした方も多いのではないでしょうか?
そんなYoutube活動をしていると絶対にぶち当たる壁があります。
それは…

 

企画が何も思いつかない…

 

 

そう、企画がなにも思いつかないです…
これは大物Youtuberであっても絶対に起こります。
しかし、企画は動画の命とも言える超重要要素なので、絶対に手を抜けません。
なので全Youtuberが早かれ遅かれこの壁にブチ当たります。

この記事では、企画が何も思い浮かばない時でも企画が出来上がる方法をご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

 

筆者のプロフィールを簡単に紹介いたします。

現在、テレビ局のバラエティー番組をディレクターとして8年やっております。
おそらく多くの人が1度は見たことがある番組です…

それに加え、Youtubeの構成作家として10万人30万人50万人のYoutuberの方々の企画立案などもしております。

 

 

 

企画と企画を掛け合わせる

まずは企画を考える際の裏技をご紹介いたします。
それは企画と企画を組み合わせることです。
ホントに何も思いつかない時はテレビ番組や他のYoutuberの企画をパクってしまいましょう!

 

face_angry_woman3.png

それはさすがにダメでしょ

 

 

そうです。パクリはよくありません。
でも別々の2つ企画を組み合わせてしまえば、それはもうパクリではありません。
例えば…

 

「3人でコンビニで1万円使い切るまで帰れません」

 

コチラのだけではありきたりですが、この企画に…

「コンビニの新商品の商品紹介」

 

を組み合わせてみましょう!そうすると生まれる企画は…

コンビニで1万円を新商品だけで使い切るまで帰れません」

 

という企画ができあがります。
組み合わせるだけで、今までにない全く別の企画ができあがります。

 

 

 

コチラの東海オンエアの動画も同じですね。
今や伝説的になった動画ですが、よく見てみるとマラソン × 早食いという企画を組み合わせてできた動画になっています。

 

組み合わせるだけで動画にうねりができる

企画と企画の組み合わせは動画の差別化ができる以外に、動画にうねりが勝手にできやすいです!
先ほどのメインストーリーは1万円を使い切れるか?という目線以外で、サイドストーリーとして新商品ってどんな物があるんだろう?という視聴者の新たな目線もできます。

いわゆる動画のうねりが生まれます!

「動画のうねり」についてはコチラの記事をご参考ください!

 

【動画はうねりが命】簡単にYoutube動画が100倍おもしろくなる方法!テレビディレクターが教える動画の差別化
最近Youtubeもかなり構成がしっかりした企画が多くなってきており、なかなか新しい企画が思いつかない人も多いかと思います。 中でもYoutubeを始めた当初は… 企画が思いつかない…そもそも企画って...

 

 

 

掛け合わせる時の注意

では、なんでも組み合わせていいのか?
と言われるとそうではありません!

・できるだけ違うジャンルの企画を組み合わせる

・3つ以上の企画は組み合わせない

 

掛け合わせる際にはこの2点に注意しましょう!

 

できるだけ違うジャンルの企画を組み合わせる

近すぎるジャンルの掛け合わせは、動画がシンプルになりやすく、視聴者的には見やすい動画になるというメリットがありますが、逆に容易に想像ができてしまう動画にもなりかねません。

先ほどの「新商品だけで1万円」企画もジャンルが近い同士の企画ですので、みなさんも容易に想像ができたのではないでしょうか?
ということは差別化も難しくなります。
なので、できるだけかけ離れたジャンルの企画を結びつけるましょう。

 

例えば、これぐらいかけ離れたジャンルを組み合わせてみましょう!

「1万円企画」×「鬼ごっこ」
『鬼ごっこしながら1万円を使い切るまで帰れません』

 

 

 

 

3つ以上の企画は組み合わせない

3つ以上の企画を掛け合わせてしまうと、動画のメインが分かりづらくなり、視聴者も混乱します。
絶対にNGというわけではありませんが、動画がかなり複雑になり構成の組み立てなどの難易度が極端に高くなってしまいます。
結果、何を見せたい動画だったのかわからなくなってしまう可能性があります。

 

 

「1万円企画」×「鬼ごっこ」×「英語禁止」
➡『英語禁止で鬼ごっこしながら1万円を使い切るまで帰れません』

 

例えば、こんな企画を組み合わせてみたとしましょう。
おそらく、「鬼ごっこをしながら1万円使い切れるか?そして、ゲーム中は英語が禁止」というルールで行われますよね?
そうすると…

英語を使った時点で何かしらの罰ゲーム
そして鬼に捕まってもいけない…

視聴者的には、「●●をしてはいけない」という2つの禁止事項があることで完全に、目線がバラバラになってしまいます。

例え上手く整理できたとしても、動画冒頭のゲーム説明が長くなり、本編に入るまでが長くなってしまいます。
そうすると視聴者も本編に入るまでに離脱してしまう可能性もあります。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?
はじめは企画を考えるだけで何日もかかってしまったりしますが、企画立案は動画の一番肝心な要素です。
企画によってチャンネルが上手くいったり、上手くいかなかったりしますので、企画が全く思いつかない時は、ぜひ取り入れてみてください!

 

 

 

 

 

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました